役員

理事長 近藤 克彦

千葉大卒後書店経営(現在も佐倉市のイオンで継続中)、International Business Machines Corporation(7年間在職)を経て独立して会社を経営。

・有限会社BIT設立(代表)

・株式会社タクミ設立(代表)

・株式会社IJT設立(代表)

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構より2000年のスーパークリエイター(天才プログラマー)の認定を受ける(課題名「知識蓄積型推論データベースの開発、応用」)。 翌2001年にもプロジェクト名「大容量メディアを対象としたオブジェクト指向型の制御システム」でIPAの未踏に採択されている。

評議員 塩田 清二

星薬科大学 特任教授

早稲田大学教育学部生物学研究科卒業後、新潟大学大学院理学研究科修士課程修了。昭和大学医学部にて医学博士号を取得(1983年)。アメリカのチューレン大学客員教授、昭和大学医学部顕微解剖学講座主任教授(1999年〜2015年)を経て、現在は星薬科大学特任教授(ペプチド創薬研究室)を務める。2018年に中国ハルビン医科大学の客員教授に就任した。日本アロマセラピー学会理事長、日本統合医療学会理事などを務めた。さらに糖尿病肥満動物学会の名誉会員であり1998年に「米田賞」、2018年に「後藤賞」を授与された。その他VIP/PACAP関連ペプチド国際学会およびRegulatory Peptides国際学会の理事を務める。またPeptides, J Mol Neuroscienceなどを含めて十余の国際雑誌の編集者を務めている。


評議員 二宮 宣文

南町田病院 顧問

1982年6月 日本医科大学付属病院研修医・日本医科 大学研究生(救急医学)入局

1984年7月 東京警察病院 脳神経外科 研修医

1985年7月 順天堂大学付属浦安病院 外科 研修医

1986年7月 日本医科大学付属病院 救命救急センター医員・助手

1988年11月 聖隷浜松病院 救急部 部長

1990年11月 松江病院 外科救急部 部長・副院長

2003年4月 日本医科大学多摩永山病院 救命救急セン ター助教授

2003年5月 日本医科大学多摩永山病院 救命救急セン ターセンター長

2004年7月 米国ジョージ・ワシントン大学救急医学 Adjunct assistant professor兼

2013年4月 日本医科大学多摩永山病院 特任教授

2015年4月 医療法人鉄蕉会亀田総合病院 救命救急科 長 、医療法人塩田記念病院 救急科 部長

2017年2月 社会医療法人社団正志会 南町田病院 院長

2019年4月 社会医療法人社団正志会 南町田病院 顧問 及び救急科部長

評議員 堀江 三喜男

東京工業大学 名誉教授

埼玉県立浦和高等学校,東京工業大学工学部機械工学科卒業/同大学大学院機械工学専攻修了,同博士課程1年を経た直後に,東京工業大学工学部助手,同助教授,同大学精密工学研究所助教授,教授を経て,現東京工業大学名誉教授.この間,ドイツ/カールスルーエ大学(現カールスルーエ工科大学南キャンパス),米国/スタンフォード大学,ドイツ/カールスルーエ研究センター(現カールスルーエ工科大学北キャンパス),ドイツ/ミュンヘン工科大学の客員研究員.精密工学会・理事,日本機械学会・評議員,理事,部門長を歴任.現日本機械学会フェロー,ミュンヘン工科大学大使.専門は,機械要素,機構学,ロボティクス等であり,従来に無かった機械運動系の高分子化を行い,高分子製パンタグラフ機構/空間パラレルマニピュレータの設計・開発に従事し,将来のワンルームファクトリー,宇宙産業で使われる高分子製超軽量機構/機械システム実現の礎を築いた.

理事 徳野 慎一

東京大学大学院医学系研究科 特任准教授

防衛医科大学校 防衛医学講座 非常勤講師

昭和63年 防衛医科大学校卒業

平成 3年 自衛隊中央病院勤務(心臓血管外科)

平成10年 スウェーデン・カロリンスカ大学留学 (大学院)

平成12年 陸上自衛隊衛生学校 戦傷病救急医学教室 教官(戦傷病、災害医療)

平成13年 カロリンスカ大学において医学博士取得

平成16年 陸上自衛隊第6師団司令部(医務官)

平成17年 防衛医科大学校 防衛医学講座 准教授

平成24年 陸上自衛隊 衛生学校 主任教官 兼 防衛医科大学校 防衛医学 講座 講師

平成26年 現職

理事 川原 靖弘

放送大学大学院文化科学研究科 准教授

現在、放送大学教養学部、大学院文化科学研究科准教授、博士(環境学)Ph.D.。専攻は、環境生理学、健康工学、移動体センシング。2000年に京都工芸繊維大学繊維学部応用生物学科卒業、2005年に東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻博士後期課程修了、同年に東京大学大学院新領域創成科学研究科助手、2010年神戸大学大学院システム情報学研究科特命講師。

―主な著書―

「ソーシャルシティ」(共著、放送大学教育振興会)

「人間環境学の創る世界」(共著、朝倉書店)

「生活における地理空間情報の活用」(共著、放送大学教育振興委員会)

監事 水島 洋

国立保健医療科学院健康情報支援研究センター センター長

昭和63年(1988) 東京大学大学院薬学系研究科生命薬学専攻 博士課程修了 薬学博士

昭和63年(1988) 国立がんセンター研究所 生物物理部研究員などののち、

平成6年(1994) 国立がんセンター研究所 がん情報研究部 がん診療支援情報研究室長

米国 National Institutes of Health, National Library of Medicine, National Center for Biotechnology Information. Visiting Scientist、神戸大学医学部 クリニカルゲノムインフォマティクスセンター 客員教授 ハワイ大学医学部 助教授などを併任

平成18年(2006) 東京医科歯科大学 情報医科学センター 助教授

平成21年(2009) 東京医科歯科大学 疾患生命科学研究部 オミックス医療情報学講座 教授

平成23年(2011) 国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター 上席主任研究官

平成29年(2017) 国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長

専門領域

医療情報学:医療情報提供、医療ネットワーク、オミックス情報学、医療ブロックチェーン

公衆衛生情報学:難病・希少疾患、患者登録、 危機管理・災害医療